リンク集

お問い合わせはこちらから

TEL:080-2444-8189

兵庫県グラウンド・ゴルフ協会 規約

第1章 総則

(名称)
第1条
本会は、兵庫県グラウンド・ゴルフ協会(英文では、HYOGO-KEN GROUNDGOLF ASSOCIATION)という。
(事務所)
第2条
本会は、事務所を神戸市に置く。

第2章 目的及び事業

(目的)
第3条
本会は、スポーツマン精神をもって、グラウンド・ゴルフに親しみ会員相互の親睦を深め、技術の向上をはかるとともに、グラウンド・ゴルフの普及および振興を通じて、県民の健康づくりとこころ豊かな人づくりに寄与することを目的とする。
(事業)
第4条
本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1) グラウンド・ゴルフ兵庫県交歓、競技大会の開催。
(2) 県内各地域におけるグラウンド・ゴルフ普及事業への協力。
(3) 普及指導員認定講習会および研修会に関する事業。
(4) その他、公益社団法人日本グラウンド・ゴルフ協会事業への協力および目的達成に必要な事業。

第3章 会員

(会員の種別)
第5条
本会の会員は、次のとおりとする。
(1) 正会員      本会の目的に賛同して入会した個人又は団体
(2) 賛助会員   本会の事業を援助する個人又は団体
(3) 名誉会員   本会の功労のあった者又は学識経験者で理事会において推薦された者
(入会)
第6条
本会に入会しようとする者は、入会申込書を会長に提出し、承認を受けなければならない。ただし、名誉会員に推薦された者は、本人の承認
(会費)
第7条
会費の額ならびにこれらの納入に関する事項については、常任理事会が別に定める規則によるものとする。
(資格の喪失)
第8条
会員が、次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。
(1) 退会したとき。
(2) 禁治産または準禁冶産の宣言を受けたとき。
(3) 死亡,若しくは失踪宣言を受けた者、または、会員である団体が消滅したとき。
(4) 除名されたとき。
(退会)
第9条
会員は、退会届を会長に提出して、任意に退会することができる。
(除名)
第10条
会員が、次の各号の一に該当する場合には、常任理事会の議決を経て会長がこれを除名することができる。
(1) 本会の規約または規則に違反したとき。
(2) 本会の名誉を著しく傷つけたとき。
(3) 本会の目的に反する行為をしたとき。
(4) 会費を1年以上滞納したとき。

第4章 役員及び職員

(役員の種別及び定数)
第11条
本会に次の役員を置く。
            
(1) 三役 会長 1名
副会長 若干名
理事長 1名
(2) 常任理事 若干名
事務局長 1名
会計 2名
(3) 理事 定数は別に定める
学識経験者 若干名
(4) 監事 3名
(5) 評議員 定数は別に定める
(役員の選出)
第12条
(1) 役員は常任理事会において、現任者の任期満了にあらかじめ選任するものとする。
(2) 会長は、常任理事会において互選する。
(3) その他三役、常任理事、理事は、常任理事会の同意を得て会長が選任する。
(4) 理事及び監事は、相互にこれを兼ねることができない。
(5) 評議員は、加盟団体の推薦により常任理事会で選任する。
(役員の職務)監事を除く
第13条
(1) 会長は、本会を代表し、会務を総理する。
(2) 副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときまたは会長が欠けたときは、会長があらかじめ指定した順序により、その職務を代行する。
(3) 理事長は、会務を執行総括する。
(4) 事務局長は、協会事務を処理する。
(5) 会計は、協会会計を出納する。
(6) 常任理事は、常任理事会を構成し、企画運営にあたり会務を決定する。
(7) 理事は、理事会を構成し、会務を執行する。
(8) 評議員は、総会において会務の重要事項の報告、指示を受け下部機関及びその会員に徹底する。
(監事の職務)
第14条
監事は、次に掲げる業務を行う。
(1) 本会の会計を監査すること。
(2) 理事の業務執行状況を監査する。
(3) 会計及び業務の執行について不正の事実を発見したときは、これを理事会に報告すること。
(4) 前号の報告をするため必要があるときは、常任理事会を招集すること。
(役員の任期)
第15条
(1) 役員の任期は2年とする。ただし、再任は妨げない。
(2) 補欠又は増員により選任された役員の任期は、前任者又は、現任者の残任期間とする。
(3) 役員は任期満了の後においても、後任者が就任するまでは引き続きその職務を行うものとする。
(役員の解任)
第16条
役員のが次の各号の一に該当するときは、常任理事会において常任理事現在数の3分の2以上の議決により、これを解任することができる。
(1) 心身の故障のため、職務の遂行に堪えられないと認めるとき。
(2) 職務上の義務違反、その他役員たるにふさわしくない行為があると認められるとき。
(職員)
第17条
(1) 本会の事務を処理するため、必要な職員を置くことができる。
(2) 職員は、会長を任免する。

第5章 会議

(総会)
第18条
本会の総会は、会長が第11条の関係者を招集して開くことができる。
(1) 総会は、重要事項について、役員からの報告、指示を受けて下部機関への徹底をはかる意志統一の場である。(三役会、常任理事会及び理事会)
(2) 本会の三役会、常任理事会及び理事会には必要に応じて会長が召集して開催する。
    1. 三役会は、会長の諮問事項について協議決定をする。
    2. 常任理事会は、本会の執行機関であり、三役、常任理事をもって構成する。
    3. 理事会は、三役、常任理事、理事をもって構成し、次の具体的事項について報告を受け、協議し下部機関への徹底をはかる。
       ① 本会の運営、規則に関すること。
       ② 諸計画に関すること。
       ③ 予算並びに決算に関すること。なお、年度初めにこれらについて報告、提案を受け承認、決定するものとする。 (3) 会議は、構成員(委任状を含め)2分の1以上の出席がなければ開会することができない。
(4) 会議の議事は、この規約に定めるもののほか、出席者の過半数をもって決し、可否同数の時は議長の決するところによる。
(5) 会議の議長は、会長又は会長の指名する代理者がこれにあたる。
(6) 議事については、議事録を作成し、出席者のうちから選任された2人以上の議事録署名人が署名捺印した後、これを所有しなければならない。

第6章 名誉会長、顧問および参与

(名誉会長、顧問および参与)
第19条
(1) 本会に、名誉会長1名並びに顧問及び参与各若干名を置くことができる。
(2) 名誉会長、顧問及び参与は、本会に功労のあった者のうちから、理事会の推薦により会長が委嘱する。
(3) 名誉会長、顧問は重要な事項について、会長の諮問に応じ意見を述べることができる。
(4) 参与は、会長が必要と認める事項について、その諮問に応じ意見を述べることができる。

第7章 資産及び会計

(経費の支弁)
第20条
本会の事業遂行に要する経費は次の各号に掲げる資産をもって支弁する。
(1) 会費
(2) 事業に伴う収入
(3) 寄付金品
(4) その他の収入
(収支決算および会計年度)
第21条
(1) 本会の収支決算は、会長が作成し、財産目録、事業報告書及び財産増減事由書並びに会員の移動状況書とともに監事の意見を付し、常任理事会の承認を受けなければならない。
(2) 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第8章 専門部会

(経費の支弁)
第22条
本会に常任理事会の議決を経て専門部会を置くことができる。専門部会は第4条の事業に関して調査研究を行う。
第23条
専門部会の名称、部員、その他必要な事項は常任理事会が定める。
第24条
専門部会には部長を置く。部長は会長が委嘱する。

第9章 雑則

(規約の改廃)
第25条
本規約の改廃は、理事会の出席者の過半数(委任状を含む)の賛同を得て決定しなければならない。
(公認)
第26条
この協会は、公益社団法人日本グラウンド・ゴルフ協会に加盟する団体である。
(運営上の細則)
第27条
その他、運営上の細則については、常任理事会ではかり会長が定める。

付則

本会の規約は、平成4年4月11日より施行する。
平成6年5月2日一部改正
平成9年5月31日一部改正
平成26年7月2日一部改正